MENU

薬剤師の副業とは

薬剤師の副業は、大きく分けて、

 

薬剤師として正社員として働きながら休日などに薬剤師としてバイトする方、

 

または、薬剤師として正社員で働きながら空き時間、求人などに薬剤師以外の仕事をする方ですね!

 

前者は、薬剤師のスキルを活かした働き方で、薬剤師の副業としてはメジャーですが、副業を禁止している職場も多い薬剤師業界では難しい面もあります。

 

後者は、薬剤師として働きながら、空き時間や休日に薬剤師以外の仕事する、例えば、薬剤師は本業で生活するための収入源で副業として好きな仕事をする、趣味にかかわる仕事や興味のある仕事をする方ですね!

 

また、最近増えているのが、インターネットを使ったビジネスですね!WEBの仕事も多種多様になってきています。副業が禁止されている職場でもネットの仕事などには寛容な場合も増えています。

 

ただ、後者の場合、薬剤師の収入に比べて少なくなることが多いと言えます。

 

 

薬剤師の副業は、基本禁止している職場が多かったのですが、最近は場合のよっては副業を容認していることも多くなっています。


薬剤師の副業を始める前に

薬剤師の副業を薬剤師の関係の仕事で始める際に注意したいことは、本業の職場に迷惑を掛けないこと、管理薬剤師は、副業が出来ないなどがあります。

 

薬剤師の副業は、一般職に比べて規制も多く、仕事があればすぐに働いていも良いというものではありません。

 

まず、最初に確認したいのが、今働いている職場が副業を容認しているかですね!

 

薬剤師の職場の多くが副業を禁止しているので、就業規則などは確認することや実際に、会社に副業が可能なのかを確かめる必要があります。

 

また、管理薬剤師は、会社が副業を容認していても法律で副業は禁止されているので出来ません。

 

副業と言うキーワードが最近は普通に言われていることや大手企業でも副業を容認するような社会の風潮から薬剤師の副業も容認する会社も多くなってきていると聞きます。

 

薬剤師として薬剤師の仕事で副業する方、興味をお持ちの方は多くなっていると言えます。

 

その反面、トラブルの報告も聞くことが多くなっているので、自分の立場を理解して、副業出来る環境なのかを確かめて、本業に迷惑が掛からないことを前提に副業は無理なく働くことが重要です。

薬剤師の副業って本当はどうなの?体験から検証

薬剤師の副業は、アルバイトなどで始めることが普通です。

 

薬剤師として正社員で働いている場合、週休2日と言う方が多いと思います。

 

2日の休みのうち、1日だけ副業として働く方が多いようです。

 

実際に薬剤師として副業している方の中には

 

調剤薬局で正社員として働いている薬剤師さんが、休日にドラッグストアでアルバイトをしている。

 

ドラッグストアは、土曜日、日曜日だけのアルバイトなども募集しているので、毎週土曜日だけ副業として働くことは可能です。

 

時給もそれなりに高いので、毎週や隔週として週1日で働くだけでも収入アップに繋がりますね!

 

他にも、副業として夜間アルバイトをする方もいますね!

 

昼間は、調剤薬局やドラッグストア、医療業界で薬剤師として働き、夜間営業している店舗で薬剤師として夜間、深夜に働く副業です。

 

夜間、深夜の薬剤師バイトは時給が、1.5倍から2倍近くなることから薬剤師の副業としては人気があります。ただ、募集は少なく夜間の薬剤師バイトの募集は少ないと言えます。

 

次は、単発バイトですね!

 

毎週のように決められた日に、働く副業ではなく、月に1日でも2日でも働ける日に単発のバイトがあれば働くという薬剤師の副業ですね!

 

単発薬剤師バイトも夜間バイト同様、普通の薬剤師バイトりも時給は高額になることが多く少ない時間でも稼ぐことが出来るので副業では人気があります。

 

ただ、薬剤師単発は、派遣紹介になることが多く、派遣会社への登録と単発の派遣紹介が可能な条件をクリアーする必要があります。詳しくはこちら

 

薬剤師の副業は、少ない時間でも時給が高ければ、稼ぐことが出来るので魅力があると言えます。

 

ただ、医療業界の副業は簡単に出来る仕事ではなく、薬剤師の副業をされる際には、自分だけで仕事を探して始めるよりも薬剤師専門の求人サイトなどで専門的なコンサルトさんなどに相談して始めることをおすすめします。

 

 

薬剤師の副業の紹介におすすめの薬剤師求人サイト

 

 

薬キャリ

薬剤師バイトやパートなど非常勤の薬剤師求人紹介に強く実績も豊富な薬剤師求人サイトが薬キャリで、掛け持ちや副業などの情報も豊富です。
薬剤師バイト、パート、派遣紹介も可能ですので、豊富な条件から掛け持ちで働ける薬剤師求人を探すことが可能です。

 

薬剤師バイトの副業ならアルバイトから派遣sン崩壊も可能な薬キャリはおすすめです。

薬剤師派遣 ファル・メイト

ファルメイトと言えば、薬剤師派遣紹介では実績が豊富で、期間限定や単発、週1日から働ける薬剤師の仕事紹介にも実績があります。
また、派遣薬剤師以外の求人紹介もあり、薬剤師副業としてアルバイトでも派遣でも条件や時給が良い働き方を選ぶことが可能です。

 

薬剤師の副業のも理解のあるコンサルトさん、スタッフが多く、薬剤師として初めて副業をされる方にもおすすめです。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、薬剤師求人サイトの中では、利用者満足度が毎年上位の人気求人サイトで、薬剤師アルバイトの求人にも強いですね!
掛け持ちでの薬剤師バイトの求人なども豊富な経験があるコンサルトさんは頼りになります。

 

もちろん、マイナビ薬剤師は、トップクラスの保有人数があるので、希望する条件の薬剤師バイトを探しやすいと言えます。

薬剤師の副業 体験談

※単発薬剤師で副業

私の場合、不定期に薬剤師の副業をしています。単発の仕事の依頼が来た際に日時が合えば、副業しています。以前、派遣で働いていた派遣会社からの紹介で単発の仕事があれば紹介して頂いています。
毎月仕事があるとは限りませんが、月に数回あるときもあれば、まったくない月もあるので収入は当てになりませんが、小遣い稼ぎに重宝しています。
単発の薬剤師の仕事はある程度派遣会社と良好な関係が出来れば優先的に紹介して頂けます。

 

※知人の手伝い

薬剤師の副業でも薬剤師としてではなく飲食店で休日にたまに働いています。この店舗は知人が経営する飲食店で、頼まれて働けるときだけ働くようにしています。副業と言う感覚ではなく手伝いと言う感覚で働いているので、収入などは期待していません。
飲食業界も人で不足で求人をしても募集がほとんどないそうです。薬剤師も人材不足だと言われますが、飲食業界はそれ以上に人材確保が難しく感じました。

 

※週1で薬剤師バイト

普段は、普通に薬剤師として働きながら週に1日だけ他の店舗で働かせていただいています。ほかの店舗と言っても本業とは関係のない店舗です。私の職場は、副業は特に禁止ということはなく、趣味もないので休日に他の店舗で働くことでスキルや経験が挙げられると思い薬剤師の副業を始めました。他で働くことにより、本業へも良い影響が出ていると言えます。副業は単にお金のためだけでなく、他の職場での経験やスキルアップにも繋がると思います。

 

※薬剤師とは関係ないネットで副業

副業と言っても休日や仕事が終わってからネットで副業をしています。アフィリエイトと言う広告代行みたいなサービスです。ネットで副業している人は私の周りにも増えています。ただ、稼ぐまでには時間が掛かりそうで、私もほとんど稼げていないので副業とは呼べませんが、好きな時間に適当にしているだけなので、この先、稼ぐことが出来るかはわかりません。ただ、興味があったので初めて見ました。

 

※ドラッグストアで副業始めました

薬剤師としてドラッグストアで副業始めました。以前、ドラッグストアで働いてたこともあり、休日にドラッグストアで5時間ほど働かせていただいています。本業は調剤薬局ですので、土日は休みを頂いているので、休日にドラッグストアで無理なく副業を始めました。