MENU

薬剤師バイトことを知る

はい、どら子です。どら子は本名ではありません、当たり前ですが

 

 

薬剤師や医療業界に精通しています。自負ですが

 

薬剤師業界で正社員で働く方や正社員への転職は、職場、条件や年収などの不満からの物が多いようですが、

 

薬剤師で正社員からアルバイトなど非常勤への転職ではいろいろな悩みや不安を聞きました。

 

薬剤師の場合ですと結婚、出産により正社員で働けなくなり薬剤師バイトとして時間的に融通が利く働きへの転職が多いようですが、アルバイトやパートで働く際に不安や悩みも多いようです。

 

そこで当サイトでは、薬剤師としてバイトやパートで働くことを考えている、薬剤師バイト求人を探している方に、薬剤師バイトの働き方をもう少し知ってほしいと思い、どら子流に紹介しました。

 

薬剤師バイトと仕事はどのようなイメージをお持ちですか?

 

薬剤師バイトと言えば、薬剤師として常勤で働くことが出来ない薬剤師さんが、非常勤として自分の働ける時間帯に就業するような働き方が多いのではないでしょうか?

 

ただ、薬剤師バイトと言うのは、本業で薬剤師として働きながら副業で薬剤師以外のアルバイトするような働き方もあります。

 

どら子が紹介してしているのは前者で、薬剤師として薬剤師の仕事のアルバイトです。

 

どら子が紹介する薬剤師バイトの働き方や仕事の探し方、条件、時給、職場など納得のいく仕事探しをするための情報サイトです。

 

下記の項目で薬剤師バイトのことを解説、紹介しましたので、興味のある項目を参考にしてください。

 

 

 

薬剤師バイトは、薬剤師の働き方としてはフルタイムで働くことが出来ない主婦薬剤師、ママ薬剤師さんの働き方といイメージがありますね!

 

ただ、最近は、時給に働きたい薬剤師さんも多くなってきていることから薬剤師バイトの求人は以前よりも多くなっていると言われます。

 

実際、薬剤師求人サイトでも薬剤師バイトやパートの求人の比重が多くなっていると言えます。

薬剤師バイトの職場とおすすめ度

薬剤師バイトやパートで働くことが出来る職場、薬剤師バイトの求人募集が探せる職場を調べました。

 

薬剤師の職場と言えば、調剤薬局、病院、医療施設、ドラッグストア、会社、企業や公務員などがあります。

 

公務員以外は、普通に求人情報サイトなどで紹介が可能な職場ですが、薬剤師など医療従事者の求人紹介は専門的な求人サイトの方が良いと言えます。

 

では、薬剤師バイトで働ける職場を紹介していきます。

 

調剤薬局

調剤薬局は、薬剤師が働く職場の中でも市場に多い職種で、薬剤師バイトの募集も断トツで多い職場です。

 

薬剤師バイトの求人数も多く、条件や時給なども豊富に探すことが出来ます。ただ、調剤薬局の薬剤師バイトは経験者が優遇されることが多く、調剤薬局勤務経験がある方が働きやすいかもしれません。

 

もちろん、未経験の方でも調剤薬局の薬剤師バイト募集は多くありますのでご安心ください。

 

調剤薬局の薬剤師バイトは、時給は薬剤師バイトの平均価格で募集されていることが多いのですが、地域や条件によっては高時給の求人も探すことが可能です。
また。調剤薬局は、薬剤師としてのスキルや経験のアップに繋がる職場ですのでアルバイトやパートでも調剤業務や処方箋業務をすることは変わりないので、少ない就業時間でも次につながる仕事の仕方が可能です。

 

薬剤師バイトの求人募集が一番多い調剤薬局の職場で条件に合う仕事、職場を探してみませんか?

 

ドラッグストア

ドラッグストアは、大手のドラッグストアチェーン店の出店も多く、薬剤師の求人の増加が著しい職場ですね!薬剤師バイトの募集も比較的探しやすく、条件や時給なども魅力のなる職場も増えています。

 

また、最近のドラッグストアは調剤施設完備の店舗が多く調剤業務の仕事も多くなっていることから、調剤薬局と変わらない職場、仕事も多くなっています。

 

薬剤師の職場としては、ドラッグストアはそれほど人気があるとは言えませんが、薬剤師バイトとして働くのであれば、報酬なども魅力のあるドラッグストアも良いのではないでしょうか?

 

働きやすい職場も多くなっていると言われるドラッグストアで薬剤師バイトで働くことも良いと思います。

 

また、以前は、ドラッグストアの夜間の薬剤師バイトは時給4000円以上など話題になっていましたが、深夜営業、24時間営業のドラッグストアでは、薬剤師が不在の店舗も多くなっていることを見れば、夜間で高時給のドラッグストアの薬剤師バイトの募集は少なくなってるとも言えます。

 

薬剤師の経験、スキルアップなどにもドラッグストアでも調剤施設がある店舗を選べば問題ありません。雑用が多く薬剤師の職場としては・・・・なドラッグストアですが、好調な大手ドラッグストアなどでは好待遇の条件も期待できます。

 

病院、医療施設

病院や医療施設でも薬剤師バイトの募集はあります。ただ、病院の薬剤師バイトは時給はそれほど高くないと言えますが、病院で働きたい薬剤師さんは多く、アルバイトでもそれは同じで、病院の薬剤師バイトは、人気が高く、調剤薬局やドラッグストアのように豊富な求人募集から探せることはほとんどありません。

 

病院や医療施設の薬剤師求人は、多くない上に希望する薬剤師さんも多いので希望する病院や医療施設で働くことは難しい職場とも言えます。
病院での薬剤師バイトやパートは、募集の割に希望者、応募者が多く、探すことは難しい上に時給も1800円から2000円前後の募集で薬剤師バイトとしては低めです。

 

時給は、薬剤師バイトの中では低めの職場ですが、病院、医療系の薬剤師求人は人気が高い上に、経験、スキルアップにも繋がることや病院薬剤師への就職にも繋がることがあるので人気のアルバイトです。

 

企業、会社

企業、会社で働く薬剤師さんとしては製薬会社はもちろん、医薬品を扱う企業者、会社など薬剤師の職場も比較的多くはあるものの求人募集は少ないと言えます。
薬剤師が活躍する企業としては製薬会社のMRなどの営業職などは比較的募集は多いですが、アルバイトでの採用は少なく、営業職ということで男性薬剤師さんが多い職場で女性の薬剤師さんでは企業薬剤師としてアルバイトやパートで薬剤師として働くこと、求人募集を探すことは難しい職場が多いと言えます。

 

公務員

公務員の薬剤師市は、国立病院や市民病院など公共の病院以外にも保健所や市役所、厚生局や衛星研究所などの職場がありますが、国立病院などでは、国家公務員試験に合格する必要があります。
また、非常勤での採用もほとんどなく、公務員での薬剤師バイトはあまり考えない方が良いですし、公務員として薬剤師で働くならしっかりフルで働いた方がメリットが大きいと言えます。

 

公務員薬剤師は試験などは大変ですが、将来的な安定はそれに変えられないと言えます。

薬剤師バイトで働く際に付けたい事

薬剤師バイトなど非常勤で薬剤師として働く際に採用条件で気を付けたい事、このような条件の募集は良い、悪いを見てみましょう!

 

まず、薬剤師バイトを探す薬剤師さんに多いのが時給から探す方ですね!

 

薬剤師バイトの時給は、時給1800円から時給2800円前後の募集がほとんどです。

 

時給2000円以上で働きたいという薬剤師さんが多く、時給で薬剤師バイト求人を探す方も多いと思いますが、時給も重要ですが、薬剤師バイトの場合、条件や保証、職場環境と言うのが重要だと言えます。

 

特に薬剤師バイトでは、正社員のように充実した保証や保険への加入が難しくなります。

 

ただ、薬剤師バイトでも一定の就業時間、出勤日数をクリアー知れば、保険、保証はもちろん、有給休暇なども取ることが出来ます。

 

薬剤師バイトでも福利厚生、有給休暇などの充実も出来ます。

 

アルバイトやパートだから福利厚生や有給休暇などを諦めている方も多くいますが、最近は、非常勤の就業でも条件などが良くなっています。

 

薬剤師バイトは特に人材確保のために、保険、保証はもちろん、ママ薬剤師さんに獲得などから育児施設の充実した職場や急な休みにも対応できる就業体制など、子育て中でも働きやすい条件なども上手に求人探しを行えば可能だと言えます。

 

また、求人探しの方法になりますが、薬剤師求人サイトで仕事探しをする場合には、条件交渉などを積極的にしてくれるサイトを選ぶことも重要だと言えます。

 

薬剤師バイトの求人の場合、条件なども様々で、細かい条件や自分が働きやすい条件などへの交渉が出来れば、求人票では難しいと思われた条件の仕事でも働ける可能性が出てくることもあります。

 

また、時給や報酬なども交渉次第で上がることもあります。

 

薬剤師バイトで働くのであれば、出来るだけ働きやすい条件で保証や保険の充実はもちろん、通勤なども便利な職場を選ぶことが重要だと言えます。

希望の薬剤師求人の探し方

薬剤師バイトの求人は、条件や職場など様々で、自分の希望する条件の仕事、求人を探すことが重要だと言えます。

 

薬剤師バイトの探し方としては、アルバイト求人情報サイトと薬剤師求人サイトが掲載している求人数が多いですね!

 

当サイトでは、専門的な求人情報が豊富な薬剤師求人サイトをおすすめしています。

 

特に薬剤師バイトやパートは、雇用条件、就業条件などが様々な面や時給なども同じような条件でも様々だと言えます。

 

薬剤師バイトの時給の幅は、時給1800円から時給3500円くらいまでと範囲が広く、条件や地域、職場などでも大きく時給も変わってくると言えます。

 

また、条件や時給なども交渉次第でどうにかなることが多いのが薬剤師のアルバイトやパートの求人です。

 

 

このようなことからも、専門的な知識のある薬剤師専門の求人サイトでサポートを受けながら仕事探しをする方が、好条件や高時給はもちろん、希望する条件や職場を探すことに役立ちます。

 

ですので、薬剤師バイト探しで希望の条件や希望の報酬で働くたまには、薬剤師求人サイトでアルバイトやパートの求人紹介に強く、しかも交渉などを行ってくれるサービスを選ぶことが重要になると考えています。

 

当サイトでも薬剤師バイト紹介に強い薬剤師求人サイトを厳選して紹介しています。

 

保有する求人数はもちろん、非常勤の薬剤師求人紹介でも実績が豊富で、細かな条件交渉や時給の交渉などにも積極的な薬剤師求人サイトを下記にランキングしました。

薬剤師バイト求人におすすめの薬剤師求人サイト

薬キャリ

薬剤師バイト、パートの求人紹介では実績上位で、保有求人数も多い薬キャリ!
利用者の満足度、成功実績が高い理由は、サポート力と交渉力、リサーチ力だと言えます。

 

薬剤師バイト求人で、希望する条件、時給での就業を希望するなら薬キャリで探しましょう!

マイナビ薬剤師

豊富な情報量と求人数、サポート力で薬剤師求人サイトの利用者満足度NO1のマイナビ薬剤師は薬剤師バイト、パートなどの非常勤の求人紹介でも実績が豊富です。
条件交渉、報酬交渉はもちろん、紹介する職場をしっかりリサーチしているので、働く前から職場環境などもある程度知ることも出来ます。
採用前の条件との不一致も少なく、安心して仕事紹介を依頼できる薬剤師求人サイトが、マイナビ薬剤師です。

リクナビ薬剤師

知名度、認知度、登録者数ではトップクラスのリクナビ薬剤師、薬剤師の仕事探しをしたことがある方なら1度は見たことがありますね!
もちろん、知名度だけでなく、薬剤師求人紹介でも実績は上位で、何といっても豊富な情報量とサポート力には定評があります。

 

薬剤師バイトなど非常勤の仕事紹介にも積極的で、紹介する求人のリサーチはもちろん、交渉なども積極的に行っています。
高時給、好条件の薬剤師バイトも非公開求人からポロリと出てくる魅力ある薬剤師求人サイトがリクナビ薬剤師です。

ファルマスタッフ

調剤薬局での薬剤師バイトならファルマスタッフはおすすめの薬剤師求人サイトです。
調剤薬局の薬剤師バイト募集は、どこの薬剤師求人サイトでも保有数が多く、豊富ですが、ファルマスタッフは自社の運営する調剤薬局も多く、日本調剤グループの店舗での薬剤師バイト紹介なら細かい条件の調整も容易で働きやすい条件での就業が可能です。

 

また、薬剤師業界に精通したスタッフ、担当者が多いので、サポートも充実しているのがファルマスタッフの魅力です。

薬剤師派遣 ファル・メイト

薬剤師バイトでも同条件で派遣薬剤師として働けば、報酬が1.5倍から2倍程度のなることが多いことから非常勤の薬剤師で働く方の多くが薬剤師派遣に興味持っています。
薬剤師派遣なら時給3000円以上で働くことも可能です。その薬剤師派遣紹介で実績があるのがファルメイトです。
高時給の薬剤師派遣紹介を希望されるのならファルメイトがおすすめです。

薬剤師バイトの時給は高いのか?

薬剤師バイトの時給って高いと言われることが多いのですが、実際、時給は高いと言えるのか?

 

薬剤師バイトで働くためには、薬剤師資格が必要です。その資格に見合っただけの時給で働けるのか?なども検証してみました。

 

まず、薬剤師バイトの時給は、薬剤師求人サイトなどで掲載されている時給の多くが、時給2000円前後、最近少し薬剤師バイトの時給も上がっていると言われますが、時給2500円を超える募集は少ないと言えます。

 

薬剤師の時給2000円、一般職、サービス業などの時給も上がり、時給1000円以上が当たり前になってきています。

 

薬剤師の時給は、それほど上がっていると言いにくいのですが、他のアルバイトの時給は、時給の高騰が見られ、時給1000を超える業種も多くなっています。

 

薬剤師資格が必要で、時給が高いと言われている薬剤師のアルバイトは、一般職の時給の高騰を考えれば、時給2500円以上、時給3000円前後の時給が妥当な時給ではないでしょうか?

 

薬剤師の時給は、数字で見れば高いようなイメージですが、薬剤師の資格など考えれば、決して時給が高い職業とは言えないと思います。

 

薬剤師バイトの時給2000円

 

この時給で薬剤師バイトで働くのであれば、ある程度、条件が良い職場でないと応募したくないですね!

 

家から近い、通勤便利で、就業時間や日数などの調整が容易で、仕事内容にも納得できる薬剤師バイトなら時給2000円前後でも十分魅力があると思われる方も多いと思います。

 

薬剤師の時給を高いとか、低いとかと言う検証は、あまり意味がないような気がします。

 

薬剤師バイトでも時給が高い求人の場合、職場の雰囲気が良くない、仕事内容が・・・・など条件面に不安のある求人もあります。

 

薬剤師バイトの時給は、高いと言われていますが、当サイトの検証結果としては、時給は数字的には高く感じますが、専門的な知識や資格必要な職業としては、薬剤師バイトの時給は、決して高くはないという結果になりました。

薬剤師アルバイトの働き方

日勤のアルバイトとしてもアルバイト代金は良いものの、夜間勤務の薬剤師アルバイトは、さらに時給は上昇し、約3000円という職場もあまり珍しくないそうです。
あまりにも忙しいので独力で転職に関して調査することがなかなか難しい、と困っている薬剤師さんも安心してください。薬剤師をサポートするコンサルタントに見つけてもらう手段もあるんです。
薬剤師というものに関しては、薬事法の規定によるものであり、内容に関しては、改定を余儀なくされる状態になることも考えられるので、薬事法を習得することといったことも重要ポイントでしょう。
職場が広くはない調剤薬局という環境では、やはり病院とかと比較すると、働く上での人間関係は狭くなるものでしょう。ということから、仕事環境との相性は何より大事な課題と言うことができそうです。
ある程度の勤務内容・給与の求人を単独で探し出すのは、並大抵のことではなくなりつつあります。薬剤師で転職を求めているというような方は、転職支援サイトなどの便利なサイトを、一番に利用するべきです。
中途募集の求人数がどこよりも多い職というのは調剤薬局です。その収入に関しては450万円から600万円程度です。薬剤師というものは、経験がポイントとなるから、新卒で得られる初任給よりも高額なのです。
薬剤師関連のアルバイトでする業務の中に、薬歴管理と言われるものがあるんですが、それまでのデータを見て、専門家として指導を行うという業務です。
複数の薬剤師の転職及び求人サイトを利用すれば、非常に多くの情報を収集することができるほか、会員ユーザーだからこそ得られる非公開情報を見ることもできると聞きます。
診療報酬・薬価の改定があったことにより、病院の収益というものは以前より減少しました。その現状に比例して、薬剤師が獲得する年収も低くなるので、大学病院に勤務する薬剤師の給与額というものがアップに繋がらないのです。
ドラッグストアで薬剤師の人たちが、働いていくという場合、薬の仕入れ関係、管理業務だけでなく、調剤し投薬するというところまでもやる羽目になるという状況もあります。
ドラッグストア勤務を経て経験値を高め、将来は独り立ちし開業する。商品を開発するうえでのアドバイザーとして職を変え、企業と業務契約を結び高額報酬にもっていく、などのようなキャリアプランを作ることももちろん可能です。
店長などという、地位や役職に就く事が出来た時には、年収をアップさせることが叶うので、ドラッグストアに籍を置く薬剤師さんは、年収を増やすことは不可能ではないのです。
求人の案件が多彩で、専門家のサポートもあるみたいですから、薬剤師用の転職サイトというのは、利用者の頼もしい後押しとなるようです。
転職をしようという時に、なんといっても利用していただきたいのが、薬剤師転職サイトなのです。公にされていない求人が大変多く、極めて多くの求人を扱うサイトなどもあるようですから、検索してみましょう。
高待遇の薬剤師求人がたくさん出始めることがあるのが、1月以降の流れと言えるでしょう。納得のいく求人を見つけるためには、速やかな転職活動というものは欠かせないこととなります。

薬剤師夜勤バイト

夜中の薬剤師のアルバイトだと、どのような仕事場があるでしょう?現在、かなり多いのがドラッグストアですね。夜間も遅くまでオープンしている店が数多くあるためだと思います。
昨今は、薬剤師を対象にした転職サイトを使う人が増えています。各々のサイトに特徴があるようですから、あなたが活用したければ、自分にふさわしいサイトを探すようにしましょう。
薬剤師転職サイトなどを利用すると、アドバイザーが、一般には公開していない求人も含め、幅広い求人情報を再調査して、希望に合った求人を選んで紹介してくれるんです。
現状で、報酬に不満を感じている薬剤師は相当数いる状況ですが、今の収入よりもう一段下がるはずだと考え、早い段階での転職に臨む薬剤師はとても数多くなっています。
満足のいく職務を実行していることが基本にあって、特定研修の参加や試験に合格するというような成果をあげた薬剤師には、各組織から研修・実績に基づく認定証が与えられます。
転職を考えている時、できる限り活用してほしいのが、薬剤師転職サイトというわけです。非公開の求人案件がたくさんあり、大量の情報を保持しているサイトが存在しているので、利用してみましょう。
男性については、やりがいが必要な方は多いといえるし、女性の場合は、それぞれの上司への不満がなんといっても多いようです。男性に関しては大切なのは仕事の内容や中身で、女性にとっては働く環境が大切であるのが、薬剤師の転職における傾向であります。
このところ、薬局だけにとどまらず、全国のドラッグストア、スーパーの店舗など、様々なお店で薬を取り扱うことが珍しくありません。お店の数も増え続ける流れにあるのが見られます。
大体が、薬剤師全般における年収額の平均というのは、500万円あたりと言われているので、薬剤師としてそのキャリアやスキルが多くなることで、高給をもらうこともありえると想定できるのです。
より良い転職先を探すことを考えて転職をしたいのであれば、幅広く転職先をチェックできるでしょうから、薬剤師の求人案件が多いインターネットの転職サイトを見てみるのがいいと思います。
インターネットの薬剤師求人サイトを使って仕事を探した薬剤師の感想から、評価が高いサイトを揃えて、独自の視点でランキング表として掲載しているので、チェックしてください。
病院で働く薬剤師については、業務スキルの面でプラスアルファになるものが少なからずあるので、年収以外のプラス面に魅力を感じて、就職していく薬剤師は数多くいるものです。
正社員でなくても働いて稼ぐことができる薬剤師のアルバイトというのは、かなり高時給な点が魅力だと思います。ネットで高額な時給で仕事を続けていくことができる素晴らしいアルバイトを見つけました。
求人の内容のみならず、経営状態や局内環境や空気などに関しても、キャリアエージェントが現地に赴き、そこに勤める薬剤師さんから話を聞くことで、生きた情報をお届けしお伝えしていきます。
薬価の改定、診療報酬の改定のせいで、病院の収益というものは減る一方になっています。それにより、薬剤師の年収というものも額が下がってしまうので、大学病院で勤務に当たっている薬剤師のところにはいる給料が増えていかないのです。